workbench ltd.

Visual Merchandising & Design

VMD basics

売場づくりの実践売場づくりの手順とルール

実践の前に

実践に入る前に 「陳列の種類と特性」 「MDサイクルとVMD」 のおさらいです。

陳列の種類と特性

陳列の種類と特性
陳列種類 ハンギング フォールデッド
フェイスアウト スリーブアウト
方法 商品の正面を見せて掛ける 商品の側面を見せて掛ける 商品を畳んで置く
メリット
  • 商品情報(カラー・デザイン)が一目瞭然
  • 商品量の少なさをカバーする
  • 在庫が軽く訴求力が高い、すなわち在庫効率がよい
  • カラーバリエーションがわかりやすい
  • 商品量が多く掛けられる
  • 豊富感がある
  • 襟のデザインやカラーバリエーションがわかりやすい
  • ボリューム訴求に適している
デメリット
  • 掛ける商品量に限度がある
  • 多用し過ぎると在庫の豊富感が失われる
  • 商品全体のデザインがわかりにくい
  • カラー・素材など計画性がないと汚く見える
  • 商品全体のデザインがわかりにくい
  • 畳み直しの作業が発生する
  • 積み上げると在庫が重くなり在庫効率が悪化する

MDサイクルとVMD

MDサイクルとVMD
MDサイクル 紹介期 実売期 整理期
MD 多品種・少量 少品種・多量  
VMD
テーマ性
  • テーマが明確になっている
  • テーマカラーが表現されている
分かりやすさ
  • 明確な展開分類
  • 商品の絞り込みとボリューム感
  • アイテム・デザインバリエーションの分かりやすさ
売り切る事
  • 商品の再編集(カラー・素材のまとめ)
  • 次のシーズンの紹介コーナーへ差し込む
VMD運用 コーディネート ジャストルック アイテム集積